スポンサーリンク

エクセルで桁数を指定して四捨五入を行いたいときは、ROUND関数を使います。
小数点の桁数を指定するだけでなく、整数の何桁目で四捨五入をするかも指定することができます。
例といっしょに見ていきましょう。

ROUND関数の構文と使い方

ROUND関数の構文
=ROUND(数値, 桁数)

桁数の指定は、小数点以下を何桁残すかを指定します。
小数点以下を四捨五入する場合は正の整数、整数部分を四捨五入するには負の整数を指定します。
それぞれ例を見てみましょう。

小数点以下を四捨五入する場合

A1セルに入力されている「123.4567」を、A2セルのROUND関数で四捨五入します。
まずは「=ROUND(A1, 2)」と入力してみましょう。
ExcelのROUND関数の使い方1
「123.46」と表示されました。
小数点以下が2桁残るように四捨五入されたんですね。
つぎに「=ROUND(A1, 3)」と入力してみましょう。
ExcelのROUND関数の使い方2
「123.457」と表示されました。
こんどは小数点以下が3桁残りましたね。

ROUND関数で小数点以下を四捨五入する場合、桁数は「何桁残すか」を指定します。

では「=ROUND(A1, 0)」と入力するとどうなるでしょうか。
ExcelのROUND関数の使い方3
このとおり、「123」と表示されました。
小数点以下を「0桁残す」→小数点第1位で四捨五入されたんですね。

では次に、整数部分を四捨五入してみましょう。

整数部分を四捨五入する場合

整数部分を四捨五入する場合、桁数の指定をマイナスの整数にします。

こちらはA1セルに「12345.6」と入力してあります。
A2セルに、「=ROUND(A1,-1)」と入力してみましょう。
ExcelのROUND関数の使い方4
「12350」と表示されました。
これは整数の一の位(=整数第1位)で四捨五入されたためです。

ではつぎに、「=ROUND(A1, -2)」と入力してみましょう。
ExcelのROUND関数の使い方5
「12300」と表示されました。
これは整数の十の位(=整数第2位)で四捨五入されたためです。

このように、ROUND関数で桁数の指定を-nとすると、整数の第n位で四捨五入されます。

ROUND関数の桁数指定の対応表

ROUND関数で、桁数の指定と、何桁目で四捨五入するかを表にしてみました。
「1234.5678」という数値をROUND関数で四捨五入した場合、出力される数値を一覧にしています。

四捨五入する値:1234.5678
指定する桁数 結果
3 1234.568
2 1234.57
1 1234.6
0 1235
-1 1230
-2 1200
-3 1000

四捨五入を行うROUND関数の使い方 まとめ

ROUND関数の構文
=ROUND(数値, 桁数)
  • 桁数に正(プラス)の整数を入力すると、「小数点以下を何桁残して四捨五入するか」を指定できる
  • 桁数に負(マイナス)の整数を入力すると、「整数の第何位で四捨五入するか」を指定できる
スポンサーリンク
おすすめの記事